スタッフブログ ~本番強要・裏オプ強要への対処法!~

こんには!店長の小林です(‘◇’)ゞ

今回は実際に現場で起こりうるかもしれないことについてお話しします。

まずデリヘルにおいては本番行為は禁止されていて、メンエスでは風俗行為自体が禁止されていますが

中にはそういった行為を求めてくるお客様は実際存在します。

そのため、自分で身を守る術を身につけておきましょう。

まずは優しく断ってみましょう。本番行為等を強要してくる人の中には、ちょっとした出来心で言ってしまった人もいるかもしれません。

そういった人なら、ソフトに断ったらやめてくれるものです。それに、雰囲気を崩さずに済みます。

これでダメだったなら感情を込めずに断ってみましょう。いわゆる棒読みですね。先ほどに比べて相手にダメだという雰囲気を感じさせられますよね。

このタイミングでは泣くふりをして断ってみるのも効果的かと思います。泣いて嫌がっているのに続けてくる人はほとんどいません。

一部にはそれでもなお、続けてくる人もいますが、、、

そういう人にはきっぱりと強めに断っていいでしょう。悪いのは相手なので、ためらうことはありません。

一度言って聞かなければ、何度でも言いましょう。段々と、本気度が相手に伝わるはずですから。

もうそれでもダメ。自分ではどうにもならないとなった時はすぐさまお店に助けを求めましょう。

スタッフがしっかりと対応してくれます。

このように、段階を踏んでの断り方を覚えておくことをオススメします。いざという時、自分を守り武器になりますから。

ただ、理想を言っちゃうとそういった行為を強要してこないようにしたいですよね。

そのためには堂々と振舞ってはっきりとした口調で話すのが効果的でしょう。

分かりやすい例えにすると、体育の先生や職場の怖い上司などです。そういった人たちにはあまり意見を主張しにくいじゃないですか。

強要しにくい雰囲気づくりにはオススメです!

そして仕事に慣れてきたころには、自分のテクニックで満足させられるようにできると良いですよね!自分の自信にもつながるし、お客様にも満足してもらえるんですから。

自分で対処できるのは理想的です。でも、我慢する必要は全くありません。本当にどうしようもならない時はお店に助けてもらいましょう!

関連記事一覧